格安の結婚式なら費用をグッと抑えることが可能

女性

感謝の宴へのご招待

招待状

万人に失礼のないものを

結婚式、いわゆる挙式披露宴は、現在実に多様化したものとなっている。その中で、今も昔も変わらず必要となってくるのが招待状である。招待状は、皆に失礼のないものを作成しなければならない。ここでは、作成から発送まで、順を追って説明する。招待状作成にあたり、まず一番にするべきことは、招待客のリストアップである。新郎新婦の友人知人、職場の同僚、そして親族。招待客は両親の知人にまでわたる場合もあるため、抜かりなくリストアップする必要がある。次に、招待客の連絡先収集が始まる。新郎新婦、一丸となってスピーディーに収集したい。招待客名簿なるものが完成すると、ここからはあっという間だ。好きなデザインの招待状を決め、印刷業者に発注。印刷物が届いたところで、再び新郎新婦が協力し合い、招待状に封をしていく。その際、招待状には新郎新婦が結婚式当日までに知っておきたい情報や伝えておきたい情報を掲載しておく。例えば、結婚式当日の移動方法(送迎バス利用等)、宿泊の有無、食品アレルギーの有無、等である。こうして出来上がった招待状は、結婚式の導入と言っても過言ではない。手順自体は簡単であるが、慶事であるが故の留意点が多くのあるのが招待状だ。通常はウェディングプランナー指導のもと作成されていくが、新郎新婦自身も細心の注意を払い、抜かりない招待状を作成したい。最近では手作りすることもあるようだが、その場合はさらに招待客への配慮が必要となる。